コラーゲンを使った薄毛対策や輸入でプロペシアで対策

コラーゲンが壮年性の薄毛に影響を及ぼしていることが研究によりわかりました。まだ実用化は先になりますが、コラーゲンを使った薄毛改善策がこれから生まれることが期待できるでしょう。ただしAGAといった男性ホルモンが影響を与える薄毛には、効果があるのかまでわかりません。AGAにはそれ相応の対策があります。そのひとつが男性ホルモンを阻害する医薬品であるプロペシアです。

すべての男性ホルモンが悪影響を与えるわけではありません。あくまでも薄毛の原因となる男性ホルモンを産生させないことが重要です。ある酵素と結びつくことで、脱毛を指令する男性ホルモンが産生されることがわかっていますので、その環境を作らないことが大切です。その役割を持つのがプロペシアです。薄毛の原因となる男性ホルモンが産生されるのを阻害する効果があります。基本的なAGA治療薬として使われており、副作用も少ないことで有名な医薬品になりました。ただ肝臓や腎臓に持病がある方は、服用できないケースもありますので、主治医と相談して服用しましょう。

そんなメリットばかりのプロペシアですが、唯一と言っていいほど弱点もあります。それは保険診療を受けることができないことで、医療費が高くなる傾向にあります。医療費が高くなると購入できなくなる人が増えて、治療を続けられなくなる可能性が高いです。それを防ぐのが輸入です。プロペシアを輸入することでクリニックよりも安く購入することができます。またプロペシアと同等の成分が配合されている医薬品も輸入して購入することができ、この場合は安い価格になりますので医療費を抑えることに貢献してくれます。プロペシアと同じ効果になりますので、同等の成果を感じることができるでしょう。

ページの先頭へ戻る