プロペシアとミノキシジル薬用タブレット

生え際や頭のてっぺんのほうから薄毛がはじまって、ついには広い部分に薄毛が拡散してしまうという症状は、典型的な男性型脱毛症の症状である可能性が否定できないものです。
この男性型脱毛症、略称でAGAとよばれることもある症状というのは、男性ホルモンとして知られているテストステロンが、体内に分布している酵素によって、DHTとよばれる脱毛を促進してしまうような物質に変換されて、この物質が髪を形成する細胞の受容体に結合することが原因となっています。
いっぽう、頭皮にはりめぐらされている毛細血管が、精神的なストレスやタバコによる血管の収縮、脂の多いものを食べるなどが原因の血管のつまりといったことによって細くなると、血流がとどこおってしまい、髪に栄養が届かなくなって、これが薄毛をひきおこすこともあります。
酵素のはたらきを妨害してDHTの生産を増やさないようにし、薄毛をおしとどめるには、プロペシアのような医薬品を服用することでの効果が期待されます。いっぽうの血行促進に関しては、ミノキシジルとよばれる物質にその作用があることがわかっており、国内でもこのミノキシジルを含んだ頭皮に液体をかけるタイプの医薬品が販売されています。これを一歩進めて、口から服用して血液中に成分がいきわたるようにしたものが、薬用のミノキシジルタブレットとよばれるもので、当然ですが、液体を頭皮にかけるタイプよりも効果は大きいとされています。
したがって、プロペシアと薬用のミノキシジルタブレットを併用することができれば、薄毛対策としてはたいへん好都合ですが、特にミノキシジルタブレットに関しては、海外では流通しているものの、国内では医療機関でも取り扱っていないという欠点があります。

ページの先頭へ戻る