プロペシアの個人輸入と大正製薬の育毛剤

薄毛の悩みというのは世の中の多くの男性が抱える悩みであって、これに対応した医薬品についてもいろいろな銘柄のものが発売されています。しかし、国内ではいわゆるサプリメントやトニックなどのように、たしかな医薬品としての効き目をもたないものが多く、薄毛の悩み解消のためにはあまり期待ができないものがほとんどであるという状態です。
そのようななかでも、大正製薬から発売されているリアップのような育毛剤であれば、ミノキシジルとよばれる医薬品成分が配合されており、頭皮の血行を促進し、そのことによって髪の毛の根元にあたる部分に新鮮な酸素と栄養分が送り込まれることになるため、効果のほどが期待できるといえます。
この大正製薬の医薬品は、基本的には血行促進という部分に重点を置いたものですが、男性の薄毛のなかでも、頭頂部や生え際から自然に脱毛が起きてしまう男性型脱毛症とよばれるタイプであれば、男性ホルモンにからんだ原因のほうにもスポットを当てなければならないでしょう。
男性型脱毛症については、男性ホルモンの一種であるテストステロンが、体内で酵素のはたらきにより別の物質に変換され、この変換された後の物質が、強力に髪の毛の脱毛に関与しているということが知られています。この物質のはたらきは頭皮の血行の不順とはまた別のメカニズムと考えるべきものですので、それに対応したプロペシアのような医薬品の投与が有効となります。
プロペシアは一般的な育毛剤のようなものとは異なり、頭皮にふりかけてなじませるのではなく、錠剤として飲むタイプの医薬品で、薄毛の促進にかかわっている酵素を阻害することによって、薄毛の解消をめざすものです。このような医薬品は、国内では原則として医師によって処方を受けなければならず、他の入手手段としては、海外から直接個人輸入というかたちで少量を自己使用目的で取り寄せるという方法があります。

ページの先頭へ戻る