脱毛エステと比基尼部位脱毛とAGAの薬プロペシア

比基尼部位脱毛の比基尼部位と言うのは、脱毛エステなどで行われているビキニラインの脱毛の事を意味しています。
中国語では比基尼部位脱毛となりますが、日本語ではビキニラインやVラインと言われており、簡単に言えば下着やビキニを履いた時に、ムダ毛が下着やビキニからはみ出るのを防止することが出来る脱毛の事を意味しています。

また、アンダーヘアの脱毛にはIラインやOラインと言った部位の脱毛も在り、この3つの部位をまとめて脱毛することが出来る脱毛エステが多くなっています。

最近は、アンダーヘアの脱毛を希望される女性が多くいますが、脱毛は女性だけではなく男性も同じように施術を受ける人が増えており、脱毛エステの中には男性専用のお店が登場するなどの特徴が在ります。

脱毛は自らの意志で、エステサロンなどで施術を受ける事でムダ毛が無い状態に導いてくれますが、髪の毛の脱毛には遺伝子の影響を受けて脱毛症と言う症状を持つAGAが在ります。

AGAは進行型の脱毛症で、そのままにしておくと、髪の毛の大半が抜けてしまい、髪の毛が無い部分が多く広がる事になります。

AGAの治療を受ける時に処方されるのがプロペシアです。
プロペシアは脱毛を促す男性ホルモンを抑制させる作用と、元々存在しない男性ホルモンに変換させてしまう酵素を阻害する作用が在ります。

テストステロンと5α-還元酵素が結びついて、変化することで脱毛を促すホルモンになり、これがDHTと呼ばれている男性ホルモンになります。

プロペシアはDHTを抑制することが出来るため、脱毛の状態が停止し、発毛を期待することが出来るようになり、AGAの症状を抑えると同時に髪の毛が生えると言う実感を期待することが出来る医薬品です。

ページの先頭へ戻る