若ハゲにプロペシアは効く?脇毛が薄くなる?

若ハゲは20代や30代などの若い人の毛髪が薄くなった事をこのように言いますが、若ハゲは食生活の乱れや生活習慣の乱れなどが要因しているケースが多く在ります。

AGAなどの場合は遺伝性が在ると言いますが、遺伝子の影響だけではなく、食生活が乱れている事、生活習慣が乱れているなどの理由で若ハゲと言う薄毛の症状を引き起こす可能性も在ります。

食事の栄養は髪の毛への栄養となり、毛髪を成長させる役割が在ります。
また、睡眠をたっぷりととる事で、日中の頭皮環境の悪化を睡眠中に修復するため、夜更かしをしていると頭皮環境の修復が間に合わなくなり、結果的に若ハゲの状態になると言う事です。

尚、AGAの治療に使われる医薬品はプロペシアが有名ですが、若ハゲの状態でプロペシアを使用することは副作用や薬の効果などの問題が在るため、必ず専門病院で検査を受ける事が大切です。

因みに、プロペシアを服用することで脇毛やすね毛などの体毛が薄くなると言った話が在ります。
プロペシアは、AGAの原因とも言われている酵素を阻害し、強制脱毛ホルモンを抑制させる作用が在ります。

強制脱毛ホルモンはテストステロンが酵素と結びついて変換された男性ホルモンと言う事からも、男性ホルモンによりすね毛や脇毛などが濃くなっている体毛が薄くなると言う仕組みが在るとも言います。

そのため、髭の脱毛や胸毛、腕、すね毛、脇毛などのムダ毛処理を行う人の中にはムダ毛処理をする手間を省く目的でプロペシアを服用する人もいるとも言われています。

しかし、プロペシアはAGAの特効薬で在る事、そして男性機能低下、ED、精子の量が減少、性欲の低下と言った副作用が起きるリスクが在る事を知っておく必要が在ります。

ページの先頭へ戻る